ブログ

最近『孤独死』する方が増加しています!!

2017年04月27日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です

 

 

皆さんは『孤独死』と言う言葉を

聞いた事がおありでしょうか?

 

 

 

 

『孤独死』とは誰にも看取られること無く

主にご自宅で突発的に死亡することを言います。

 

 

少子高齢化未婚率増加

家族やご近所との関係の希薄化

 

 

便利な世の中になる一方で

 

 

人と人とのつながりが

薄れてしまっていることが

『孤独死』の背景にあるようです。

 

 

 

 

病院やご自宅で家族に囲まれながら

息を引き取ることが

難しい時代になって参りました。

 

 

 

 

私も何度か『孤独死』された方の

お葬儀を担当させていただいた経験があります。

 

 

亡くなられてから数時間、数日で

発見される方が多いのですが

 

 

数週間、数ヶ月発見されない

という方もいらっしゃいました。

 

 

ご遺体の損傷・腐敗がひどい場合

衛生面や故人の尊厳に配慮され

 

 

警察の方によって納体袋(ご遺体専用の袋)

入られた状態でお迎えになることがあります。

 

 

 

 

納体袋に入るという事は

ご遺体の状態が悪いということであり

 

 

腐敗臭(匂い)を抑えることや

感染症の予防にもなりますが

 

 

最後のお別れの時も

お顔を見たり、触れたりすることは

難しいと思われます。

 

 

 

 

お葬儀が無事に終わった後にも

遺品整理やお掃除が

自分達で難しい場合

 

 

特殊清掃を業者に依頼し

数万円~数十万円の費用が

必要な場合もあります。

 

 

 

 

また、最近では

高齢者の方だけでなく

40代~50代の方の

 

 

特に男性の方で

『孤独死』される方が

増加しているようです。

 

 

独身で糖尿病や

心臓疾患などの病気があり

 

 

ご近所や友人・知人との

接点が少ないと言う方を

『孤独死予備軍』と呼ばれます。

 

 

 

 

行政による見守り活動や

安否確認など

 

 

地域の福祉政策としての

孤独死対策も万全ではありません。

 

 

 

 

高齢化・未婚化の増加とともに

『孤独死』される方が

 

 

これからもっと増加していく

と言われています。

 

 

日々の生活が忙しい中でも

まずは身近な方から

気にしていくことで

 

 

『孤独死』しない

『孤独死』させない

 

 

つながりが感じあえる

社会にしていきたいです。

 

 

それでは、また。

 

忙しい4月~新年度を迎えて~

2017年04月24日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

すっかり春らしい

日々が続くようになってきました

☆備北丘陵公園のスイセン

 

 

日本での4月 よく耳にするのが

『いやぁ~ 忙しい(いそがしい)!!』

 

 

 

我が家でも

連発です

 

 

高校2年生になった息子は

『理系クラスの授業・クラブと忙しい!!』

 

 

 

大学2年生になった娘は

『理学療法実習がたくさんあり忙しい!!』

 

 

妻も

『職場の新体制でいろいろ変わり忙しい!!』

 

 

お参りの方々からも

『春から生活が変わってねぇ~

孫たちも大変みたいよ』

 

 

 

新しい部署での仕事

一人暮らしを始めた方

 

 

人 それぞれの

生活の変化が起こっている時期です

 

 

この忙しいの 『忙』

という漢字

 

こんな感じで

つくられています

 

 

心(こころ)を亡くす(なくす)

ということから

 

 

落ち着いた心がない事を

意味しているそうです

 

 

忙しさは心身の健康面にも

影響があります

 

 

三寒四温で

気温が上がったり下がったり

 

 

 

寝つきが悪くなることも

あります

 

 

日中はしっかり光を浴び

夜はぐっすり眠る

 

 

生活の変わり目

気候の変わり目

 

 

この時期を

忙しい・忙しいと思わず

 

 

日本の四季である

春を感じ

 

 

新しい生活を

楽しんでいきましょう

 

 

それではまた

4月15日は『良い遺言の日』です

2017年04月19日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です

 

 

4月15日の

「良い遺言(よいゆいごん)の日」

に合わせて

 

 

広島弁護士会館様で開催されました

「良い遺言~遺言の日記念シンポジウム~」

へと参加させていただきました

 

 

弁護士の方と税理士の方を

パネリストにお招きし

 

 

色々なケースの遺言を基に

法律面税金面の両方の視点で

遺言について教えていただきました

 

 

遺言の基本的な事から

気を付けないといけない事など

大変勉強になる講習でした

 

 

遺言書と聞くと

難しいイメージもあり

 

 

まだまだ書かれる方も

少ないかと思いますが

 

 

遺言書を残す事で

遺言者の希望する相続を

法的に守る事が出来て

 

 

遺産の分割や相続による

ご遺族の争いを防ぐことが出来ます

 

 

大切な方が亡くなり

深い悲しみの中で

 

 

誰だって

遺産のことで争って

欲しくはありませんよね

 

 

基本的に

遺言書には

 

①自筆証書遺言(手書き)

②公正証書遺言(公証人役場で作成)

 

の2種類がありますが

 

 

遺言書の書き方は

法律で厳しく決まっており

 

 

法的に遺言書と認められない場合や

税金が多く課せられてしまう場合もある為

 

 

遺言書の作成は

弁護士だけでなく

税理士とも相談し

 

 

遺言者・弁護士・税理士

の三人で相談しながら作成するのが

望ましいと思います

 

 

しかし

法律面や税金面に考慮しただけでは

良い遺言とは言えないようです

 

 

講習の最後に

パネリストのお二人から

 

 

良い遺言書とは

家族としっかり相談し

感謝の気持ちを込めた

遺言書だと教えていただきました

 

 

故人の想いを残す為の

遺言書ですので

 

 

やはり最後は気持ちがこもった

遺言書が一番なのかと思います

 

 

それではまた

歩行中の事故~7歳が最多~

2017年03月30日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

お彼岸 たくさんのお参りをいただき

誠にありがとうございました

 

寒さもゆるみ

ここから春を感じる季節の到来

 

 

気分も上がり

4月から新しい生活が始まる方

 

 

今春 小学校・高校へ入学される

お子さまやお孫さん

甥・姪っ子さんがいらっしゃる方々

 

 

かなり気になる統計が

警察庁より発表されました

 

 

 

歩行中の交通事故による

死傷者年齢 7歳が最多

 

 

 

 

自転車の交通事故による

死傷者年齢 16歳が最多

 

 

 

 

グラフからもわかるように

かなり突出しています

 

 

時間帯別の統計では

登校の朝7:00

下校の夕方3:00~5:00

 

 

月別では

入学から夏休み前の4月~7月

夕暮れが早くなる10月・11月

 

 

曜日別では

火・水・金曜日

 

 

学校生活に潜む

危険性がはっきりと浮かび上がっています

 

 

 

私の息子も16歳

片道10kmの自転車通学をしています

 

 

つい気になり

春に購入した自転車を見ると

 

 

ブレーキがきかない

タイヤの空気も抜けた感じ

 

 

今回は かなり厳しく言い

購入したお店で点検・修理していただきました

 

 

お葬儀の世界では

逆縁(ぎゃくえん)…子が親より先に亡くなる

に出会わさせていただいた時

 

 

喪主様・ご遺族様の深い悲しみ

無念さ・くやしさを目の当たりにし

 

 

葬儀進行の私も

つい 言葉が出なくなる事も・・・

 

 

お母さん・お父さん

おばあちゃん・おじいちゃんが

 

 

子や孫を先に送りだす事は

とてもつらいことです

 

 

とにかく1件でも事故を減らし

皆で防ぐ事を心がけましょう!!

 

 

事故の加害者・被害者にならない

春を迎えていきましょう!!

 

 

4月から始まる

春の全国交通安全運動に先立ち

まず一筆させていただきます

 

それではまた

平成29年度 ぎおん浄廟 春の彼岸法会 を開催致しました

2017年03月12日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です

 

 

平成29年3月10日(金)

ぎおん浄廟 春の彼岸法会

を開催致しました

 

 

当日はお天気にも恵まれ

125名の方々に

ご参加いただきました

 

 

毎年たくさんの方々に

お参りいただきまして

誠にありがとうございます

 

 

今年で発生から6年が経ち

7回忌を迎えられるも

まだまだ悲しみと爪痕が残る

 

 

東日本大震災

犠牲者の方々への

黙とうから法要は開式致しました

 

 

お寺様から事前に

お申込みいただいておりました

故人様のお名前をお読み上げいただき

 

 

お寺様とお参りの皆様で

ご一緒にお経をお読みいただき

ご供養いただきます

 

 

最後にお寺様から

お彼岸にまつわるお話し(ご法話)を

いただき閉式致しました

 

 

お帰りの際にはお彼岸に食べる

牡丹餅(おはぎ)をお土産に

お持ち帰りいただきます

 

 

ぎおん浄廟では

年に4回

 

 

春(3月)・秋(9月)のお彼岸

お盆(8月)

年末(11月)と

 

 

合同の法要を執り行い

皆様と一緒に

ご供養を致しております

 

 

ある契約者の方が

法会と知らずにお墓参りに来られ

法会をご覧になったようで

 

 

次回から参加させていただこう

とおっしゃっていただきました

 

 

納骨壇のご契約を

されている方も

されてない方も

 

 

どなたでも無料で

ご参加いただけます

 

 

次回は

8月3日(木)

11:00~ 浄土真宗

13:00~ 自宗(浄土真宗以外)

 

8月4日(金)

11:00~ 浄土真宗

 

 

二日間の開催となっておりますので

ぜひ一度ご参加ください

 

 

それではまた

どうしよう!!~たくさんのカードたち~

2017年02月27日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

先日 お花を

ぎおん浄廟で買って頂いた方

ありがとうございました

 

 

お支払い時に

『これ見てや!!』

 

 

領収書やカードが

ぎっしり入ったお財布を

見せていただきました

 

 

『このカードどこで使えるか・・・?』

『ポイントがいくら入ってるか・・・?』

さっぱり分からん・・・と困り顔

 

 

こんなお話し

よく聞く様になってきました

 

 

他人ごとではなく

私のカード類調べた所

 

 

銀行・クレジットカード 4枚

プリペイドカード 2枚

各店ポイントカード 18枚

 

 

さらに 会員ID・パスワードが

必要なものがネット上に14種類

 

 

結構な数が出て来ましたので

早速 まとめた表をつくり

家族に渡しておきました

 

 

また 両親の元に行き

カード類調べた所

 

 

年会費はかかるが

使っていないクレジットカード

2枚もあり解約手続き

 

 

アナログな両親にとっては

『なんかわからんが、いつまでも

手元にあったわ』

 

 

こんな感じが

いたる所で起こっていそうです

 

 

お仕事をリタイアされた方

終活を始められた方

 

 

机の上に

カードを並べチェック

 

 

残されるであろう

家族の為にも

 

 

数の絞り込み

年会費の軽減

特典の見極め など

 

 

じっくりと研究

より楽しい生活を送ってください

 

 

悩んだ時は

家族や親戚

お隣さんとお話ししてみて下さい

 

 

また ぎおん浄廟でも

事前相談の際

よくお話ししておりますよ

 

 

さまざまなアドバイスが

出来るよう日々準備しておりますので

 

お時間出来た方は

ぜひ ご来館下さい

 

 

それではまた

『死後離婚』が増えているようです!!

2017年02月21日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です

 

 

『死後離婚』と言う言葉を

聞いたことがおありでしょうか?

 

 

最近、旦那さんが亡くなってから

籍を抜く女性が増えているようです

 

 

テレビで既婚女性1500人に

アンケートを取った所

 

 

59.1%の方が

夫と一緒のお墓に入りたくない

と答えたと聞き、ドキッとしました

 

 

正確には

夫婦間のどちらかが亡くなった時点で

婚姻関係は終了する為

 

 

離婚届けではなく

『姻族関係終了届』

を市区町村役場に提出します

 

 

この届けを出す事で

配偶者の両親や親戚とは

書類上他人になってしまうので

 

 

配偶者のご両親が

残されていた場合の扶養義務や

 

 

配偶者と一緒のお墓に入る必要が

無くなるというのですから驚きました

 

 

しかも、遺産相続や遺族年金は

保障されているようです

 

 

背景には

生前、配偶者とうまくいっていなかった

配偶者の両親・親戚と仲が悪かった

 

 

配偶者のお墓の管理や

親族の介護などをしたくない

と言った理由もあるようです

 

 

 

法務省の戸籍統計によると

姻族関係終了届の提出数は

 

 

2005年度が1772件に対し

2015年度は2783件と10年で

1000件以上増えたことになります

 

 

ぎおん浄廟には

身寄りが無い方などの為の

一名様用納骨壇や

 

 

合祀(共同墓)

 

 

蒼天祀(集合墓)

 

 

がございます

 

 

中には夫とは別のお墓でと

旦那様お一人を納骨

されている方もいらっしゃいますが

 

 

度々お参りに来られているお姿や

法要をされているお姿を拝見していると

 

 

長年連れ添って来られたご縁は

そんな簡単に切れたりしないのでは

ないかとも思いますし

 

 

今回の死後離婚について調べていると

そんな考えは甘いのかなとも思います

 

 

何にせよ

もし自分が先に亡くなった場合

残された妻がどういった判断をするのかは

 

 

今の自分次第だと思います

 

 

それではまた

お祭り~今年はリアルタイムで発信されます~

2017年02月13日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

日本のお祭りの1つ

西大寺会陽(さいだいじえよう)

 

2月18日(土)

岡山市 西大寺観音院で

行われます

 

 

別名 はだか祭り

毎年湯気の立つ人の渦に

 

 

宝木(しんぎ)が落とされ

奪い合う様がニュースで流れます

 

 

その始まりは

500年前の室町時代

 

 

その当時は

お札に人気があり

 

 

ついには奪い合うほど

人が殺到したため

やむなく頭上に投げ入れた

 

 

その後 破れて無くならない

木に変わり

 

 

五穀豊穣などを願う

伝統行事として

 

今年が508回目の

開催となります

 

 

広島の隣県で

行われているこのお祭

 

 

実際に見物する

迫力には叶いませんが

 

 

今年はリアルタイムで

当日のみネット配信されるそうです

 

ここ数十年

これまでできなかった事

できる時代になってきました

 

例えば

VR(virtual reality)

 

これまで

行きたくても行けなかった場所や

一生に一度は見てみたい風景

 

 

仮想現実ではありますが

夢は広がっています

 

 

高齢化や体の自由が

きかなくなる時期は

どの方にも起こります

 

最新の技術が

人生の幸せに役立ち

 

 

温かみのある

パートナーになれる事を願っています

 

ぎおん浄廟ホームページでも

実際に見学体験できる

 

 

インドアビュー

つくっていますので

 

ぜひWeb上でも

ご来館ください

 

 

それではまた

平成29年度の法会予定が決定致しました

2017年02月06日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です

 

 

この度、下記の通り

平成29年度

法会予定が決定致しました

 

2017.02.06.H29年度法会案内-001

 

平成29年度も

ぎおん浄廟に

休館日はございません

 

 

365日9時~17時まで

開館致しております

 

 

お盆時期の

8月13日~16日の4日間は

7時~19時まで開館致しております

 

 

どなたのご命日であっても

いつでもどなたでも

お参りいただけますので

是非、お参りにお越しください

 

⑥合掌

 

平成29年度も

合同の法要(法会)

 

春彼岸(3月10日)

お盆(8月3日・4日)

秋彼岸(9月15日)

総供養(11月10日)

 

の日程で執り行いたいと

思います

 

 

故人様のお名前の

お読上げ貼り出しを行い

ご供養させていただきますので

お早めにお申込ください

 

 

納骨壇のご契約をされていない方でも

どなた様も無料でご参加いただけますので

是非、一度ご参加下さい

 

P1040039

 

法会当日や

お彼岸、お盆、年末年始

駐車場の混雑

予想されますので

 

 

出来るだけ

公共の交通機関

ご利用ください

 

onegai

 

お葬儀法要等の

電話受付

24時間対応致しております

 

 

受付からご案内、お迎えと

お話しをお伺いした方はもちろん

初めての方もお気軽にご相談下さい

 

 

平成29年度も

ぎおん浄廟を

よろしくお願い致します

 

 

それでは、また

19のいのち~さまざまな人生~

2017年01月30日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

昨年7月の痛ましい事件

19人もの方々のそれぞれの人生

 

 

時が経つと風化し

忘れていく社会に一石を投じています

☛19のいのち~障害者殺傷事件~

 

 

①40歳女性

40歳の女性

毎朝のお食事をおいしそうに食べ

散歩やドライブを楽しまれていました

 

 

②46歳女性

46歳の女性

持病を抱え辛い時もあったのに

ちゃめっ気がありかわいい人でした

 

 

 

③50歳男性

43歳男性

野球が好きでタンスにユニフォームをたくさんお持ちで

いつもニコニコしておられました

 

 

④49歳男性

49歳の男性

囲碁や将棋がお好きな方で

次の一手を真剣に考える姿が思い浮かびます

 

 

19の絵で

亡くなられた方々のエピソードが

綴られています

 

 

このように

最近の事故・事件を見ていると

 

 

『人間のいのち』がいささか

軽く見られている世の中

 

 

社会の中の一員として

考える時期にきています

 

 

この動きから

自分自身を見つめ直すと

 

 

私は現在

『死』にたずさわる者として

人生を送っています

⑤道のり

 

これまで

病院で亡くなられた方々

 

 

自宅で入浴中に亡くなられ

2日後に発見された方

 

 

事前相談に自ら来られ

その半年後に亡くなられた方

⑥相談

 

さまざまな

『死に様』に出会わさせて頂き

 

 

ご遺族と共に

人となりをひとつでも多く感じ

 

 

葬送儀礼としての

お葬儀をさせていただいております

⑦灯明

 

お葬儀後

ご遺族から

 

 

『本当に安心できた』

『これで、親を送れた』

 

 

しっかりと言っていただけるよう

今年も精進させていただき

 

 

おひとり おひとりの 『いのち』

自分の『いのち』

家族の『いのち』

 

 

1つしかないものに

真摯に向き合っていきます

 

 

それではまた

お問い合わせはこちらから

ぎおん浄廟facebook
ぎおん浄廟google+
ぎおん浄廟アメーバブログ
ぎおん浄廟動画チャンネル