ブログ

とうかさん~ヒロシマ 夏のはじまり~

2018年05月31日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

先日 高校3年生の息子が

浴衣(ゆかた) 買ってぇや!!』とぼそり

 

 

通っている高校の体育際では

毎年 3年生は浴衣を着ての

踊りがあります

 

 

今年は新校舎の工事の為

広島グリーンアリーナでのお披露目

 

 

家族たちは

『最期じゃけぇ 行ってみようや』と

張り切っています

 

 

『ヒロシマ』での浴衣(ゆかた)といえば

やはり 『とうかさん』 のお祭りです

 

 

私も子どもの頃

浴衣を着せてもらい

 

 

今は亡き祖父母や

両親に連れられて歩いた事

覚えています

 

 

今年 とうかさん(圓隆寺)は

開闢400年の節目でもあります

 

 

1619年(元和五年)に「稲荷大明神」を

御神体として建立され

 

 

この『稲荷(いなり)』を音読みで読み

『とうか大明神』

 

 

これが『とうかさん』と親しまれる

ようになった由来です

 

 

今年のお祭りは

6月1日(金)~3日(日)

 

 

天候心配ですが

市内はにぎやかになります

 

季節の行事として

夏の風物詩として

少し 遠のいていらっしゃる方

 

 

タンスから

浴衣を出して

 

 

みなさまで

お出かけされてみてはいかがでしょうか

 

 

それではまた

お問い合わせはこちらから

ぎおん浄廟facebook
ぎおん浄廟google+
ぎおん浄廟アメーバブログ
ぎおん浄廟動画チャンネル