ブログ

年末年始恒例行事~餅つきの危機~

2016年12月12日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

12月の師走を迎え

お参りも多くなり始めました

 

 

ぎおん浄廟では毎年恒例

館内外の大掃除に取りかかっております

%e2%91%a0%e5%a4%a7%e6%8e%83%e9%99%a4

 

 

皆様のご家庭や地域でも

年末年始恒例行事がいろいろあるでしょう

 

 

私が小さな頃

我が家の年末恒例行事

家族での餅つきでした

%e2%91%a2%e6%9d%b5%e3%81%a8%e8%87%bc

 

 

じいちゃん とうちゃんが

杵(きね)を振り上げ

 

 

ばあちゃん かあちゃんが

もち米をせいろで蒸しながら

 

 

臼(うす)の中のもち米を

巧みにひっくり返す

 

 

私と弟は

つき立ての餅を

 

 

『熱っち~熱っち~』と

さわぎながら丸めていました

%e2%91%a3%e3%81%93%e3%81%ad%e3%82%8b

 

 

『もうすぐお正月だな~』

『餅が手につかない魔法の粉 こりゃすごい』

%e2%91%a6%e9%a4%85%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b2%89

 

 

子ども心に

わくわくしながら三世代での

お正月を迎えていました

%e2%91%a4%ef%bc%93%e4%b8%96%e4%bb%a3

 

 

じいちゃん・ばあちゃんが亡くなり

実家の建て直しといろいろあり

 

 

現在 実家では

餅つき機で作っています

%e2%91%a8%e9%a4%85%e3%81%a4%e3%81%8d%e6%a9%9f

 

 

うちの子や甥っ子たちは

%e2%91%a9%e9%a4%85%e3%81%a4%e3%81%8d%e5%a4%a7%e4%bc%9a

 

 

餅つきは幼稚園や子ども会で

体験させてもらいました

 

 

かたちは違えど

人と人とを温かくつなぐ伝統

生きづいています

 

 

しかし こんな気になる事も

 

%e2%91%a0%e8%a8%98%e4%ba%8b

 

 

日進月歩の世の中では

食の安全 VS 伝統の継承 

起こり始めているのです

%e2%91%abvs

 

 

毎年恒例だから・・・いつものようにで大丈夫!!

 

毎年恒例だが・・・やり方の見直しも必要?!

 

 

両者のどちらを選ぶか・・・

考えるよい機会だと思います

%e2%91%aa%e5%a4%a9%e7%a7%a4

 

 

立場や状況は各地域・各行事で

違いますが

 

 

食の安全を保ちつつ

伝統を継承する

このバランスをめざしたいものです

%e2%91%ac%e3%83%90%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9

 

 

さあ 皆様

年末年始恒例行事

準備に取りかかって下さいませ

 

 

それではまた

お問い合わせはこちらから

ぎおん浄廟facebook
ぎおん浄廟google+
ぎおん浄廟アメーバブログ
ぎおん浄廟動画チャンネル