ブログ

広島クリテリウム~広島市初の自転車レース~

2018年06月25日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

梅雨の時期を迎えておりますが

たくさんのお参りありがとうございます

 

 

さて 先日

死亡届を提出させていただいた待ち時間

『市民と市政』に目がとまりました

 

 

その中の記事

『広島市、初開催の自転車レース 広島クリテリウム』

 

 

クリテリウム・・・??

調べてみると

 

 

市街地などで公道を交通規制して短い周回コースをつくり

そこを何周もまわって順位を競う自転車レースの種類

 

 

有名なのは

『ツールド・ド・フランス』最終ステージ

『パリのシャンゼリゼ通り』を封鎖して周回するレースです

 

 

私もこの20年近く 自転車通勤

近年の『ロードバイク』のかっこいいこと

 

 

また 高校3年生の息子は

広島市~海田までロードバイクで通学

現在2台目をこいでいます

 

 

またまた 私の弟家族は

よく 『しまなみ海道サイクリング』におでかけ

 

 

自転車には 『縁』があり

興味が湧いてきます

 

 

こんな迫力満点のレースが

広島市内で間近に見れる機会が

7月1日(日)にやってきます

 

詳しくは☛ ヒロシマクリテリウム2018

 

 

このレースには

広島のプロチーム

『ヴィクトワール広島』も参戦されます

 

詳しくは☛ ヴィクトワール広島

 

 

初夏の1日 ご家族や

お孫さんを連れて

 

 

猛スピードで疾走する

各選手の応援をされてみては

いかがでしょうか

 

 

それではまた

『負動産』~これも終活ですね~

2018年06月18日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です。

 

 

田舎のお墓参りや管理が難しくなってしまい

お墓のお引っ越し(改葬)のご相談が増えている事を

何度かご紹介させていただきました。

☛実は「改葬」による契約が一番多いんです。

 

 

その際

お墓のご相談だけでなく

 

 

空き家となってしまった実家やマンション

山林や畑の処分にお悩みの方も多くいらっしゃいます。

 

 

今、売る事も貸す事も出来ず

税金や管理費を支払うだけの不動産のことを

『負動産』と呼び問題になっている様です。

 

 

郊外を中心にこの『負動産』が増加しています。

 

 

ご両親から受け継いだ思い出のご実家が

誰も住む人間がいなくなってしまい

税金を納めるだけになってしまう事が多くあります。

 

 

売却したくともなかなか買い手が見付からない

解体するには解体費が掛かる

 

 

空き家のまま放置すれば

犯罪の温床や近隣の住民の方の迷惑にもなりかねません。

 

 

相続税を納め

せっかく受け継いだ大切な不動産が

重荷になってしまうのはとても残念です。

 

 

「これも終活ですね」

と、ご相談された方がつぶやいていらっしゃいました。

 

 

『負動産』問題は相続のこともあり

自分だけではなかなか解決出来ないこともあると思います。

 

 

しかし、お墓やお葬儀のこともですが

 

 

お子様やお身内の方々と

しっかり話し合い普段から相談することが

コミュニケーションが大切ではないかと思います。

 

 

それではまた。

とうかさん~ヒロシマ 夏のはじまり~

2018年05月31日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

先日 高校3年生の息子が

浴衣(ゆかた) 買ってぇや!!』とぼそり

 

 

通っている高校の体育際では

毎年 3年生は浴衣を着ての

踊りがあります

 

 

今年は新校舎の工事の為

広島グリーンアリーナでのお披露目

 

 

家族たちは

『最期じゃけぇ 行ってみようや』と

張り切っています

 

 

『ヒロシマ』での浴衣(ゆかた)といえば

やはり 『とうかさん』 のお祭りです

 

 

私も子どもの頃

浴衣を着せてもらい

 

 

今は亡き祖父母や

両親に連れられて歩いた事

覚えています

 

 

今年 とうかさん(圓隆寺)は

開闢400年の節目でもあります

 

 

1619年(元和五年)に「稲荷大明神」を

御神体として建立され

 

 

この『稲荷(いなり)』を音読みで読み

『とうか大明神』

 

 

これが『とうかさん』と親しまれる

ようになった由来です

 

 

今年のお祭りは

6月1日(金)~3日(日)

 

 

天候心配ですが

市内はにぎやかになります

 

季節の行事として

夏の風物詩として

少し 遠のいていらっしゃる方

 

 

タンスから

浴衣を出して

 

 

みなさまで

お出かけされてみてはいかがでしょうか

 

 

それではまた

亡くなった後の心配~何からすれば?~

2018年05月14日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

先日

ぎおん浄廟でお葬儀をされた

ご遺族から

 

 

あの手引き、役に立ちました』との

お声をいただきました

 

 

あの手引き』とは

死亡後の様々な手続きを

まとめたもので

 

 

死亡届提出の際、区役所でいただく

亡くなられたとき』パンフとともに

ご説明させていただいているものです

 

亡くなられたとき(広島市)

 

 

また こんなお声も・・・

『手続きに行ったら、あっちこっちへ

行かされ・・・』

 

 

お身内を亡くされた

ご遺族の気持ちを想うと

 

 

世帯主変更届

亡くなった日から14日以内

 

 

児童手当の請求手続き

亡くなった日の翌日から15日以内

 

 

供養の先に

する事が多く

 

 

『亡くなった後の方が大変だった』と

よく言われています

 

 

こんな住民の声に耳をかたむけた

自治体もあります

 

「たらい回しゼロ」の死亡時手続き、全国から視察相次ぐ 遺族から感謝の声も 大分県別府市

 

 

悲しみの深い遺族に寄りそい

別室を設け

おくやみコーナー』での聞き取り

 

 

その後 手続きの必要な各課へ

庁内ネットワークでデータを届け

 

 

遺族が訪れる前から

準備に取りかかる

 

 

この取り組みにより

時間の短縮はもちろん

 

 

遺族の方々の

負担が減った』との

お声が届いているそうです

 

 

”お声に耳をかたむける” 

 ぎおん浄廟

 

 

慌てない為の

事前相談

 

 

もしもの時の

お葬儀

 

 

しっかり皆様の

”お声” 

聞かせてください

 

 

それではまた

『新たな情報発信』~インスタグラムはじめました~

2018年05月03日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です。

 

 

もっと皆さんにぎおん浄廟のことや

ご供養のことを知っていただきたく

 

 

この度、新たな情報発信と致しまして

インスタグラムの投稿をはじめました。

 

https://www.instagram.com/gion.jyoubyou/?hl=ja

 

 

これまでもぎおん浄廟では

様々な情報発信をして参りました。

 

 

フェイスブック等のSNS

 

fb

 

②看板によるご案内

 

o0525036413327200087 image_8554_400_0

 

③ユーチューブでの動画によるご案内

 

https://www.youtube.com/channel/UCPkmcOO5ig16b6acCeAoNtA

 

④DVDによるご案内

 

o0567020913328235844

 

⑤Googleストリートビューの屋内版サービスインドアビューによるご案内

 

view01

 

 

ぎおん浄廟やご供養の事をもっと知っていただきたい

 

 

分かりにくい業界だからこそ

どんどん情報発信をしていきたいと思います。

 

 

ぎおん浄廟の日常や法会の様子など

投稿していきたいと思いますので

ぜひご覧になってみてください。

 

 

それではまた。

死亡保険料値下げ!?~標準生命表 11年ぶりの改定~

2018年04月16日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

春彼岸

たくさんのお参りをいただきまして

ありがとうございました

 

 

桜咲く 4月

皆様の生活も新しく

始まっておられることでしょう

●新庄町の川土手には、この時期から鯉のぼりも泳ぎます

 

この時期

お買い物やお支払いで目につく

『値上げ』『値下げ』の響き

 

 

今回 私が気になった

『長寿化 死亡保険料値下げ』について

 

 

各保険会社の商品設計の基準は

『標準生命表』なるものがあり

 

 

その改定が

11年ぶりに行われました

☛ 2018年 標準生命表 作成過程

 

 

さまざまなデータ

ならびに統計学から算出された数値があり

 

 

抜粋し表にしてみると

日本の長寿化が鮮明となります

 

 

 

 

例えば、男性40歳

2007年では、79.67歳が平均寿命

 

 

それが

2018年では、81.87歳となり

 

 

この11年で

2.20歳も平均寿命が延びています

 

 

女性の全年齢平均寿命は

89.59歳

 

 

次回の改定がある頃には

90歳代の寿命がやって来る予想です

 

 

この数値から

死亡保険金の支払い減少の為

保険料が『値下げ』へと動くのです

 

 

しかしその反面

医療保険や年金では

 

 

病気や手術などの際

保険金支払いが増える為

 

 

保険料の『値上げ』

今後 行われる予想もあります

 

 

70歳以降を生き抜く為

安心の『ライフプラン』

 

 

調べて・聞いて・見直しする

その時期が来ているように思われます

 

 

こんな視点でも『終活』

してみてください

 

 

それではまた

『新年度』~時代に合わせた変化と変わらない想い~

2018年04月02日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です。

 

 

今年もぎおん浄廟の桜が

小さいながらも

無事に咲いてくれました。

 

 

 

 

目の前の川では

こいのぼりが元気に泳ぎ

 

 

 

 

川土手の桜は満開で

お花見やお散歩を楽しむ方々で

とってもにぎやかです。

 

 

 

 

桜の季節になり

新年度が始まりました。

 

 

不安と期待の中

新しい学校、新しい職場で

新しい生活が始まる季節です。

 

 

 

 

ぎおん浄廟は皆様に支えていただき

21年目の年度を迎えさせていただきました。

 

 

広島で最初の納骨堂としてスタートさせていただき

ご供養いただいている皆様のお声を基に

 

 

ご法要・お葬儀・海洋散骨・葬送支援

21年の間には様々な変化を遂げて参りました。

 

 

 

 

これからも時代のニーズに合わせた

ご供養をご案内出来るよう

進化しつづける思いではありますが

 

 

大切な方の一度しかない

お葬儀・ご法要・ご納骨をおまかせいただき

 

 

皆様が安心して旅立ちを終えることができるように

心を込めて精一杯お手伝いさせていただく

 

 

『想い』の部分は

これまでもこれからも変わらずに

大切にして参りたいと思います。

 

 

 

 

今年度もぎおん浄廟を

よろしくお願い致します。

 

 

それではまた。

お彼岸のお供え~バウムクーヘンのお話し~

2018年03月19日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

春彼岸が始まり

連日 多くの方々の

お参りをいただいております

 

 

お供えも彼岸の定番である

『おはぎ』 

*春は牡丹餅【ぼたもち】の呼び名もあります

 

 

故人が好きだった

『お花』 『飲み物』など

たくさんお供えをされています

 

 

その中で

目に止まった『お菓子』

 

 

そう あの

『バウムクーヘン』でした

 

 

というのも昨年末から

娘がアルバイトでお世話になっている

お菓子屋さんのパッケージと同じで

 

 

アルバイト初日 娘が帰宅するなり

『1919年、ドイツ人 カール・ユーハイムさんが

広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)で

自慢のバウムクーヘンを出品、これこそ

日本で初めて焼かれたバウムクーヘンです』

といきなりの接客練習

 

 

『へぇ~ バウムクーヘン

日本での誕生は広島からなんだ!!』と

教えてもらった事を思い出しました

 

 

そして 先日

この新聞の記事に出会います

詳しくは

バウムクーヘンと似島

 

 

カール・ユーハイムさん

エリーゼ・ユーハイムさん

ご夫妻

 

 

第一次世界大戦による

似島での収容所生活

 

 

1923年 関東大震災

1945年 神戸大空襲

お店が2度も無くなる

 

 

1945年8月14日

終戦前夜にカール・ユーハイムさん

ご逝去

 

 

その後 奥様

エリーゼ・ユーハイムさん

ドイツヘ強制送還

 

 

1950年

戦争から戻られた日本の職人さん達

神戸でお店再開

 

 

1953年

エリーゼ・ユーハイムさん

再来日されお店を守られたそうです

 

 

現在 お店は100年以上の歴史を重ね

創業者の情熱と意志を引き継いでおられます

 

 

来年 2019年は

『日本のバウムクーヘン100周年』

 

 

昨年の神戸に続き

この広島でも『バウムクーヘン博覧会』が

3月21日まで開催されています

 

 

現在

お一人の菓子職人さんのおかげで

おいしいバウムクーヘンがいただけています

 

 

次回 いただくときには

こんな歴史があったお菓子だと思っていただき

召し上がってみてください

 

 

それではまた

『火の用心』~ことばを形に習慣に~

2018年03月08日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の竹谷(たけたに)です。

 

 

町内回覧板の中に気になるお知らせが

入っておりましたので

皆様にもお伝えしたいと思いました。

 

 

 

 

この時期になると

『火事』のニュースをよく見かけます。

 

 

 

 

消防庁の火災発生状況(2016年)によると

3月は1年で1番火災が多い月です。

 

 

空気が乾燥し風の強い日も多くなる為ですが

特に建物火災が最も多く発生しています。

 

 

 

 

平成30年3月1日~3月7日

『春の全国火災予防運動週間』でした。

 

 

全国統一標語は

火の用心 ことばを形に 習慣に

 

 

 

 

火災の原因の第1位

「放火」というのも驚きましたし

絶対に許してはいけないことですが

 

 

 

 

2位以降の

タバコの不始末コンロやストーブによる火災を

起こさない為には

 

 

寝たばこをしない。

ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

 

 

 

 

標語にあるような

火の用心の習慣が大切です。

 

 

火事は自分だけでなく

周囲や多くの人を巻き込んでしまう

可能性の高い災害です。

 

 

火の用心の習慣と意識を高く持って

気を付けたいと思います。

 

 

それではまた。

『インフル追試』~全国に広がる~

2018年02月26日 | ぎおん浄廟ブログ

皆さん、こんにちは。

 

家族葬・納骨堂・法要

広島県広島市のご供養専門の施設

ぎおん浄廟(じょうびょう)の梶川(かじかわ)です。

 

 

先日 出勤の際
ふと 目にとまった光景

 

 

いつもは 会社員の方々が

列をつくるバス停

 

 

多くの中学生が

並んでいました

 

 

毎年 行われる

私立高校受験の列です

 

 

今年はインフルエンザが

猛威をふるい

 

 

『受けれなかった子がいたのか・・・』と

心配になるほどです

 

 

広島市ホームページの

インフルエンザ感染状況

 

 

警報レベルから

やっと注意報レベルに下がった状態

 

 

表の10週目

3月6日・7日が

広島県公立高校受験日

 

 

まだまだ

予断を許さない状況です

 

 

 

ただ 万が一の場合

広島市等で対策の輪も広がっており

 

 

今回の受験より

『インフル追試』が実施されます

 

 

子が受験する 親として

孫が受験する 祖父母としては

 

 

少しですが

安心感があるのではないでしょうか

 

 

なにより 受験生の皆さん

ここまでしっかりやってきた事

 

 

当日 すべて発揮できるよう

体調管理しっかりしてくださいね

 

 

春からの新しい生活

楽しんでください

 

 

それではまた。

お問い合わせはこちらから

ぎおん浄廟facebook
ぎおん浄廟google+
ぎおん浄廟アメーバブログ
ぎおん浄廟動画チャンネル